手術(外科治療)

子宮頸がんの手術には、子宮頸部円錐切除術、単純子宮全摘出術、準広汎子宮全摘出術、広汎子宮全摘出術などがあり、進行期などを考慮して選択されます。手術は、子宮頸がんの根治をめざす主要な治療法で、初期子宮頸がん(ⅠA期以下)では最も一般的な治療法です。進行子宮頸がんでもⅠB期、Ⅱ期では手術でがんを切除できると判断されるため、第1選択として手術(広汎子宮全摘出術)が推奨されています。

術式の1つを用いてがんを切除

術式には、主に以下の4つがあり、がんの進行期に加えて、円錐切除標本(断端)におけるがん細胞の有無、がんが血管やリンパ管などに入り込んでいる脈管侵襲や癒合浸潤の有無(がんの広がり)、妊娠希望の有無などに応じて選択されます。

①子宮頸部円錐切除術
腟から挿入した器具(レーザーや高周波電流など)で、がんのある子宮頸部の組織を円錐状に切除します。主に生検に必要な組織を採る方法(診断)ですが、上皮内がん(0期)のほかⅠA期で切除断端が陰性で妊娠希望時には治療法にもなります。

②単純子宮全摘出術
開腹して(腹式)、あるいは腟から(腟式)、子宮頸部と膀胱や直腸、尿管などの周辺臓器との間の、頸部側のギリギリのところで切除して子宮だけを摘出する方法です。ときには、両側付属器切除術が併用され、卵巣や卵管が切除されます。

③準広汎子宮全摘出術
尿管を、子宮動脈と交差している地点から剥離して外へずらし、尿管と子宮頸部との間で子宮を切除する方法です。骨盤リンパ節転移の可能性が高い場合は骨盤リンパ節郭清術が併用されるほか、両側付属器切除術も同時に行われることがあります。

④広汎子宮全摘出術
尿管を膀胱に入るところまで剥離して、子宮のほか、腟の一部や子宮を支える基靱帯など子宮頸部の周辺組織を広く切除し、摘出すると同時に、骨盤リンパ節も郭清する方法です。両側付属器切除術が同時に行われることあります。

子宮頸部円錐切除術のみ妊娠可能

将来の妊娠を希望する場合に選択可能な手術は子宮頸部円錐切除術のみで、その対象は上皮内にがんがとどまる0期と、がんが肉眼では見えないⅠA期までに限られます。しかし、扁平上皮がんでも、特にⅠA2期や腺がんになれば、がんの取り残しによる再発リスクがあるため、単純子宮全摘出術などがすすめられます。妊娠を希望する場合は担当医や家族とともに十分に話し合い、子宮を温存したときにはきちんと通院して、再発を見逃さないように厳格に管理することが大切です。

近年、子宮の温存をめざして、広汎性子宮頸部摘出術という新しい手術がいくつかの病院で試験的に行われています。ⅠA2期で妊娠を強く希望される場合は、担当医に相談してみてください。

手術の後遺症

手術は「切れば終わり」ではなく、術直後は痛みのために動きが制限されます。子宮を含めて広範囲に切除した後には、直腸や膀胱の排泄を調整する神経の障害によって排便や排尿に関わる障害(便秘、尿閉*、尿漏れ)が、骨盤内や足の付け根のリンパ節郭清でリンパ節を取った後には、足や外陰の浮腫(むくみ)が起こります。

閉経前に両側の卵巣を切除した場合は女性ホルモンの産生がなくなるため、ほてりや発汗、イライラ、頭痛などの更年期障害に似た症状を認めたり、腟からの分泌物が減少したりします。腟を切除すると性交障害が起こることもあります。これらの症状が出る時期や強さ、期間には個人差がありますが、つらい気持ちや悩み、心配事を1人で抱え込まず、対処法について担当医や看護師に相談したり、先輩患者さんと情報交換したりして上手に適応してください。

本コンテンツは認定NPO法人キャンサーネットジャパンが出版する「もっと知ってほしい子宮頸がんのこと」より抜粋・転記しております。