映画「ぼくたちの家族」

■オンタメスタッフお勧めコメント
「がん告知」と「余命宣告」。あなたの家族、大事な人に突然起こる非日常。皆さんならどうされるでしょうか?そして、家族はどうなるでしょうか?
この映画は、作家:早見 和真さんの小説「ぼくたちの家族(幻冬舎文庫)」が映画化されたもので、早見さんご自身の体験に基づいています。
今、日本人の2人に1人、毎年100万人近い人ががんと診断されています。ご自身だけでなく、家族、知人・友人を含めると、がんという病気に無縁でいることの方が少ないかもしれません。
そんなあたりまえになった病気であるものの、未だ誤解や偏見、そしてがん患者本人、家族ががんと向き合うことの難しさがあることも事実です。
この映画では、病気や治療について知ること、患者・家族がどのような精神状態におかれるか、仕事や経済にどのような影響を与えるかなど、これまでの映画にはあまりなかった、そして実際的なテーマや問題点が描かれています。
実際、この映画は、医療者が、がんと診断された患者・家族が、病院の外でどのような問題に直面し、どうがんと向き合っているかを学ぶことができる映画として、病院での上映会、医学部生への授業、学会のセミナーなどでも利用されています。

<早見 和真さん講演動画:第55回日本肺癌学会学術集会市民公開講座>
http://www.cancerchannel.jp/posts/2014-10-18/25811.html

そして、近々には、第56回日本肺癌学会学術集会の市民公開講座(7月20日:東京)、AKIBA Cancer Forum(8月8日:東京)でも、この映画をご覧頂ける機会があります。ご興味がある方は、是非、ご参加されてみてはどうでしょうか?

<第56回日本肺癌学会学術集会 市民公開講座:詳細・申込み>
http://www.cancernet.jp/56jlcs4c/

<AKIBA Cancer Forum:概要>
http://www.cancernet.jp/acf/

■基本情報
・タイトル:ぼくたちの家族
・製作年:2013年
・製作国:日本
・上映時間:117分

■スタッフ・キャスト
・監督:石井 裕也
・原作:早見 和真


人気記事