こんにちは!
オンコロのWebサイトの運用を担当している鳥井です。

突然ですが皆さん、がんノートを知っていますか?
がんノートとはがん体験者のインタビューをインターネット動画で配信している、がんの情報サイトです。

がんノート
http://gannote.com/

これはご自身もがん体験者である岸田徹さんが、様々ながん体験者にインタビューをするといった内容です。
具体的には
・がんを経験した後の生活のこと
・社会復帰するためにどんなことしたか
・保険入ってたか
・治療費をどうしたらいいか
・家族にどう伝えよう
・今後子どもを産めるのか
・闘病中はどんな感じだったか   etc…

といった、体験者のプライベートな内容を、岸田さん持ち前の柔かな口調でガツガツと聞いていきます!
これはがんノート代表である岸田さんが希少がんのサバイバーであり、当時情報を探しても得ることが出来ず、また同じがんに罹患した人も見つからず、先の見えない不安な気持ちになった経験からこれを解消すべく立ち上げられました。
がんノートを観てもらうことで、少しても元気になり、今後の闘病の見通しになってもらえればといった想いでがんノートを運営中です。

がんノートは月に2回ほどインターネットで放送され、現在はニコ生放送で見ることが出来ます。
また国立がん研究センター中央病院で公開収録を行っており、実際にインタビューしている模様をライブで見ることも可能。
公開収録に参加した方は、放送終了後に感想の振り返りなどのペイシェントサロンも実施されるので、様々な方と交流の場ともなります。

ちなみに先日、NHKから密着取材を受けるなど、現在注目を集めているがん情報サイトなのです!!
人生デザイン U-29
http://www.nhk.or.jp/u29design/archives/16006/index.html

がんノートの魅力は何よりも、顔出しの体験者が飾らない素の気持ちを表情も見ながら聞けます。
私も過去に5回ほどがんノートの公開収録に参加しています。

実際にがん告知をされた時に感じたことであったり、闘病中の励みであったり、がんを体験して変わったことなどそれぞれ同じがんを経験した人でも感じ方や捉え方などが異なっている。
そして体験者の方々のがんに対する捉え方が少なからず変わる瞬間があり、そこに至るプロセスで気持ちの変化がある。
またハードながん治療を経た人たちの前向きな姿勢にとても元気がもらえる。

こういった気づきや楽しさがあり5回ほど公開収録に参加しています。

さて、これまでご紹介してきたがんノートですが、
実は7月10日に私の出演が決まりました!!
スタッフ紹介のページにも少し書いてありますが、私自身もがん体験者であります。

2014年6月に左下腿軟部腫瘍と告知。
それから入院〜手術〜2ヶ月の休職期間を経て、社会復帰をして、現在は経過観察中。
その後自分の経験や今後やっていきたいことを考え、2016年4月にオンコロに参画といった感じです。
だいぶ端折った説明ですが、がんノート当日はその時になにを感じた、考えたかなどを詳しくお話出来たらなと考えてます。

がん体験者はもちろんのこと、どなたでもご参加可能です。
もしご興味のある方がいらっしゃいましたら、下記のURLより参加方法が記載されています。
ちなみに1人で参加しても、ワークショップなどを経て終わる頃には仲良くなれますよ!

がんノートイベント情報
http://gannote.com/news/20160710/

また今回参加が出来なくても、月2回放送しているので、ぜひ参加してみてください。

以上、イベントのご紹介でした!

——————————————
【開催概要】
日時:2016年 07月10日(日)14:00~17:30
※当日参加の方は45分までにご集合ください!
※放送内容により終了時間延長の可能性がございます

場所:国立がん研究センター19Fレストラン
住所:東京都中央区築地5-1-1
参加費:1000円(ソフトドリンクフリー・お菓子あり)
募集人数:40名まで
対象:がん経験の有無・性別・年齢を問いません。
・ゲストトーク後のサロンを実施する予定です。
・友達なども誘って気軽にご参加ください。

【スケジュール】
・がんノート生放送
・休憩
・自己紹介
・ペイシェントサロン(ワークショップ)

URL:http://gannote.com/news/20160710/

【地図】

——————————————


人気記事