皆様にがんサバイバーのアート展のご紹介です。

5月10日から6月10日までがん患者支援団体Japan For LIVESTRONG主催の「がんサバイバーのためのアート展」が聖マリアンナ医科大学病院で開催されます。

同医大病院の2F~4Fの渡り廊下に、絵や写真、刺繍、チョークアートなどの作品が出品者のメッセージ付きでが40点ほど展示されます。
出品者はがん患者をはじめがんに携わる様々な方々です。

さらに5月13日には「がんを共に乗り越えよう!1dayワークショップ」が開催されます。消しゴムはんこ作りや笑い文字講座など5つの講座が開かれます。
予約不要で各講座費である500円を支払えば、どなたでも参加可能です。
同日、メインアートプロジェクトとして参加者がそれぞれ和紙をちぎって花びらを貼り、大きな花を咲かせるイベントもあります。

同アート展は創作することでがん患者が気持ちを整理するための機会を提供すると同時に、家族や支援者、同じ病気を抱えるもの同士、病院関係者らが相互の想いを共有する場を作ることを目的に始まってます。

ご興味ございます方はぜひご参加してみてはいかがでしょうか。

参考URL
http://www.townnews.co.jp/0201/2016/05/05/331060.html


人気記事