12/14(土)開催【胃がんキャラバンin広島】お申込み受付中!

第60回日本肺癌学会学術集会 & パールリボンキャラバン 2019 in 横浜


  • [公開日]2019.12.03
  • [最終更新日]2019.12.03

こんにちは!川上です。

気がつくと12月、師走ですね。みなさんいかがお過ごしでしょうか。寒さも厳しくなってきて、インフルエンザも各所で流行しているようです。

さて、明後日、12月6日(金)からは、大阪で、第60回日本肺癌学会学術集会が開催されます。

記念すべき第60回、会長は、オンコロ・メディカルサポーターでもある、近畿大学病院 外科学講座 呼吸器外科部門 主任教授の光冨 徹哉 先生です。

第60回日本肺癌学会学術集会では、肺癌学会60周年特別企画として、肺癌学会60周年特別企画 「会員に聞いた肺がん治療史ベスト10」〜肺がん医療のこれまでの60年を振り返り、これからの60年を考える〜 を、会期2日目である、12月7日(土)の15:40-16:30 第1会場 5F 大ホールにて開催予定される予定です。

大変光栄なことに、この企画のアンケートをオンコロがサポートさせていただきました。

企画の司会は、近年、肺癌学会の企画でもご活躍の元NHKアナウンサー、松本和也さん。

光冨先生のほか、日本肺癌学会理事長の弦間 昭彦先生(日本医科大学大学院医学研究科 呼吸器内科学分野 教授)と、肺がんサバイバー、長谷川一男さん(日本肺がん患者連絡会 理事長)も共に登壇され討議するという、とても贅沢な企画です。

肺癌学会にお出かけの方は、ぜひ、この企画をお見逃しなく!

また、オンコロも、ブース出展していますので、ぜひお立ち寄りください。今回の学術集会に合わせて発刊した、肺癌患者さん向けの冊子のお披露目も、させていただく予定です。

肺癌学会会期中、大阪国際会議場の12階グランドックでは、恒例の「患者・家族向けプログラム」が開催されています。

川上は、第55回日本肺癌学会学術集会で、初めて同プログラムが導入されたときから、プログラムの進行等を担当させていただいているのですが、この数年の治療の進歩とともに、患者さんたちのアドボカシーの底上げを肌で感じ、いつも感無量で過ごす3日間です。

肺癌学会が終了した翌週の12月14日(土)には、日本肺がん患者連絡会が、全国で開催している肺がん市民公開講座、「パールリボンキャラバン」が横浜で開催されます。

パールリボンキャラバンは2015年から開催され、既に5年目になる取組です。まだ、お席に余裕があるようですので、関東圏の方はぜひ、ご参加ください!!

×

リサーチのお願い


この記事に利益相反はありません。