メディアによる過剰な報道

皆さんこんにちは。オンコロリサーチ担当の濱崎です。

2018年10月1日に発表された本庶 佑先生のノーベル賞受賞から1ヶ月が過ぎようとしています。テレビ、新聞、Web等のメディアでもオプジーボをはじめとする免疫チェックポイント阻害薬が数多く取り上げられ、そのニュースをご覧になった方もいらっしゃるかと思います。

これまでの抗がん剤では考えられないような効果が臨床試験により証明されており、多くの患者さんの命を救っているこの発見は本当にすごいものであると思います。

しかし、メディアでの報道を見ていますと、過剰に期待感を与えるような表現や、「がんの免疫療法」を誤解させるような伝え方がありとても気になりました。その危険性についてはすでに複数の有識者により指摘する記事が掲載されているようです。

何が危険かというと、

・「免疫チェックポイント阻害薬」が「免疫療法」として取り扱われてしまっており、従来のエビデンスの無い免疫療法と混同してしまう。
・それゆえにいわゆる自由診療でのがん免疫療法に期待をしてしまう人がいる。
・ノーベル賞を取った治療法ということで、オプジーボ等の免疫チェックポイント阻害薬に対して過剰な期待を持ってしまう人がいる。

などです。

がんの免疫療法の調査実施

実際に誤解が生じているのであれば、がんの情報メディアとして正しい情報発信に努めなければならないと考え、今回オンコロの運営会社である株式会社クロエが一般の方々を中心に「がんの免疫療法に関する調査」を行うことにしました。

※調査結果はコチラから

今回の結果から、がんの免疫療法は正しく理解されておらず、それゆえに正しい治療選択ができなくなる危険性があることが明らかになりました。

がん情報サイト「オンコロ」ではこの調査結果は問題であると認識し、正しい理解をしてもらうための情報発信を引き続き行っていきます。

下記にオンコロでの免疫チェックポイント阻害薬に関する情報をまとめておりますので、ご覧ください。

マンガで学ぶ免疫チェックポイント阻害薬

免疫チェックポイント阻害薬のまとめ情報

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »