毎年10月は世界的な乳がん啓発月間で、日本でもピンクリボンは乳がん啓発の象徴として多くの方もご存じではないかと思います。東京タワーがピンク色に染まり、街並みもピンク一色になるのもこの時期です。

この啓発活動で皆さんの頭に浮かぶメッセージは何でしょうか?その一つに「定期的な乳房の自己検診を!」もあるのではないでしょうか?実際に、ピンクリボンを進めるキャンペーンサイトにも「早期発見のための月に一度のセルフチェック」の表記があります。

がん情報サイト「オンコロ」のスタッフは、日本のがん情報だけでなく、海外の報告、文献、ガイドラインなどをうろうろしているので乳房の自己検診(いわゆるセルフチェック)に関しては、以前からちょっと不思議に思うことがあるのです。

2016年7月29日に更新されているNCI:National Cancer Institute(米国国立がん研究所)のウェブサイトの乳房自己検診(Breast Self-Examination)のページには以下のように記載されています。


https://www.cancer.gov/types/breast/hp/breast-screening-pdq#link/_33_toc
Benefits
Breast self-examination (BSE) has been compared with usual care (no screening activity) and has not been shown to reduce breast cancer mortality.
Harms
Based on solid evidence, formal instruction and encouragement to perform BSE leads to more breast biopsies and diagnosis of more benign breast lesions.


えっ?って思ってACS:American Cancer Society(米国対がん協会)を見てみました。


http://www.cancer.org/cancer/breastcancer/moreinformation/breastcancerearlydetection/breast-cancer-early-detection-acs-recs
Clinical breast exam and breast self-exam
Research does not show a clear benefit of physical breast exams done by either a health professional or by yourself for breast cancer screening. Due to this lack of evidence, regular clinical breast exam and breast self-exam are not recommended. Still, all women should be familiar with how their breasts normally look and feel and report any changes to a health care provider right away.


んっ?そして、もう7年近く前の 2009年のU.S. Preventive Services Task Force(米国予防医療専門委員会)のウェブサイトにはこんなのも出てきました。


https://www.uspreventiveservicestaskforce.org/Page/Document/UpdateSummaryFinal/breast-cancer-screening
The USPSTF recommends against teaching breast self-examination (BSE). Grade D.
(Grade Dとは、推奨度を表し(A~D及びI)Dは最も推奨度が低い)。


むむっ?それじゃ、医療者にはよく知られているCochrane Library(コクランライブラリー)見てみよう。ロゴの横にはTrusted evidence. Informed decisions. Better health.って書いてるので信頼できそうです。


http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/14651858.CD003373/abstract;jsessionid=BC06B03954F55B79574EB88035561A99.f01t01
Authors’ conclusions
Data from two large trials do not suggest a beneficial effect of screening by breast self-examination but do suggest increased harm in terms of increased numbers of benign lesions identified and an increased number of biopsies performed. At present, screening by breast self-examination or physical examination cannot be recommended.


いやっ、これは何かの間違いだ!だって日本のキャンペーンサイトに「月に一度のセルフチェック」って書いてるぞ。きっと受益者側の患者団体では、きっと違うぞ!NBCC:National Breast Cancer Coalition(米国乳がん連合)を見てみよう。


http://www.breastcancerdeadline2020.org/breast-cancer-information/myths-and-truths/myth-1-monthly-bse-save-lives.html
The evidence actually shows that breast self-exam (BSE) does not save lives or detect breast cancer at an earlier stage.
For decades, women age 20 and older have studied shower cards, read pamphlets, watched videos and prodded silicon breast models to find a hidden lump – each resource teaching BSE as a life-saving personal responsibility. Seems to make sense. In reality, there is no scientific evidence to prove this is true. In fact, the studies that have been done show an increase in potential harm from monthly, regimented BSE including elevated anxiety, more frequent physician visits and unnecessary biopsies of benign lumps.
Many organizations share NBCC’s viewpoint on BSE. The National Cancer Institute (NCI) no longer prints a BSE guide; the U.S. Preventive Services Task Force recommends against health care providers teaching breast self-examination; and the American Cancer Society is phasing out materials that focus only on breast self-exam.


あ~。ここまで正確な翻訳に自信がないので英語のままにしましたが、どうも日本とは違うみたいだ。どうなってるんだ?でも、日本語で読めるものもありました。各種ガイドラインを紹介しているMinds(マインズガイドラインセンター)。「厚生労働省委託事業により公開中」ってあるからきっと信頼できるぞ。


http://minds.jcqhc.or.jp/n/med/7/med0006/T0002897
レビューアの結論:大規模な2件の試験データから、乳房自己検診によるスクリーニングの有益性は示唆されないが、確認された高い良性病変数および実施された高い生検件数の観点から、有害性が強いことが示唆される。現時点で、乳房自己検診または身体的診察によるスクリーニング検査は推奨できない。


日本のピンクリボンキャンペーンで勧められ、ある一定度浸透した「定期的な(月に一度)の乳房のセルフチェック」というメッセージ。なんで、この記事に引用した海外の例と異なるのかははわかりません(いや想像はつきますが)。先日、がん情報サイト「オンコロ」の責任者:可知が紹介したHPVワクチンの世界と日本の状況の違いの記事にもあるように、「勧めない」「勧める」の違いはあるものの「乳房自己検診」についても、世界と日本の違いの一つとして紹介しました。

記事:柳澤 昭浩(キャンサーネットジャパン理事、オンコロコンテンツマネージャー)


人気記事