コラム

オンコロの可知です。本日、2回目の希少がんセミナーです。テーマはGIST。中釜理事長も挨拶されるとのことで、すごいことになってきております。

さて、以前、オンコロへの問い合わせが増えてきているとお話しました。1月は120~130件程度だったでしょうか・・・2月も既に50件程度に達しています。それに伴い、昔から気づいていたのですが、更にそう思うことがあります。

それは、オプジーボを併用するとうたう怪しい免疫療法を使用した方の多さです。感覚値で5人に1人くらいと結構な頻度でおられます。

そういった方の多くが「免疫チェックポイント阻害薬治験に参加したい」と話すのですが、免疫療法されていると免疫チェックポイント阻害薬の治験に入れないことが多いです。

また、2週間毎20mgオプジーボを6サイクル使用で1セットというのも聞きますが、肺がんでは3mg/kgであり、60㎏であれば180mgです。

始めに説明した医師には1度しかあったことないって人もいたり、ベッドの使用率の高めるために「早くどいてください」と怒鳴る看護師もいるとのこと・・・

多くの患者さんが後悔しているように見てとれました・・・まずは冷静に考えましょう。

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »