コラム

2017年も既に1か月経過しました。1月のオンコロへの問い合わせは120件程度で過去最多であり、治験に参加されるために、治験実施医療機関の検査待ちという方も

ちなみに、2016年1月でのオンコロへの問い合わせは9人でしたので、随分問い合わせ人数は確実に増えてきています。

今日も、膠芽腫(こうがしゅ)、ホジキンリンパ腫、肝細胞がん、肺がんなど色々な患者さんと話しました。

膠芽腫の方と話すのは4回目。勉強不足で慣れません。しかし、2月1日から3日の間で、4人もの方が問い合わせ頂きました。

希少がんの治験の情報を掲載するとすぐに反応があります。しかし、肺がんの方からの問い合わせはそこまで多くありません。これは情報の少なさが影響しているのかもしれません。

1月からは、国立がん研究センター中央病院希少がんセンターにて希少がんセミナー(希少がん Meets theExpert)を開催し、3月までは満席となっております(キャンセル待ちは受け入れています)。1回目のメラノーマ(悪性黒色腫)では、このセミナーに参加するため兵庫県から東京まで来られた人もいました・・・

そこで、今、2つのことを考えています。

1つは、関西でのセミナー開催です。個人的には希少がんやそれに準じるがんで実施できたらと思っています。

もう1つは、血液がんのセミナーを1日開催することです。9月末に開始予定で、もう、場所は確保しており、講師を依頼している段階となります。

2017年のオンコロは通常のOMCEに加え、希少がんセミナー、関西セミナー、血液がんセミナーと色々と実施して参りますので、宜しくお願い致します。

メラノーマのセミナー(動画)はコチラ
https://oncolo.jp/event/mte_1st


人気記事