新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

【オンコロメルマガ】今年もポスター展示をします!日本肺癌学会学術集会[vol.187]


  • [公開日]2020.11.11
  • [最終更新日]2020.11.11

みなさんこんにちは。
オンコロサービス責任者の濱崎です。

11月12日~14日、岡山にて第61回日本肺癌学会学術集会が開催されます。
本年度の学会は新型コロナウイルスの感染防止の観点から、会場開催とオンライン開始のハイブリット形式で行われます。

オンコロメンバーについては、ブース出展とポスター展示を実施するため、最小限のメンバーで現地参加をします。

現地で参加される方は多くはないかもしれませんが、参加される方がいらっしゃいましたら、是非オンコロブースにお越しください!

本学会ではポスター展示を実施しますが、その内容がとても興味深いので少しご紹介をさせてください。

こちら、NPO法人肺がん患者の会ワンステップおよび日本肺がん患者連絡会、エイツーヘルスケア株式会社さんと共同で作成をいたしました。

テーマは
「肺がん患者さんを対象とした遺伝子パネル検査の実態調査」
です。

以下の質問の結果を公開しています。

・遺伝子パネル検査についての情報提供はあったか?
・その説明はわかりやすかったか
・遺伝子パネル検査を受けてその結果のデータ提供はあったか?
・今後遺伝子パネル検査を受けたいと思うか?
・遺伝子パネル検査について望むことは?

「患者さんが検査に望む切実な生の声」、「遺伝子パネル検査の更なる情報啓発の必要性」がよくわかる結果となっております。

「学会に参加できないけれどもこの調査結果を知りたい」という方がいらっしゃいましたら、オンコロへお問い合わせください。

引き続きオンコロをよろしくお願いいたします。

オンコロサービス責任者
濱崎 晋輔

×