【9月27日(金)/ 東京・日本橋】小細胞肺がんセミナー参加申込受付中!

【オンコロメルマガ】2019年も開催!!小児/AYA世代のがん啓発イベントオンコロライブ=Remember Girl’s Power2019=[Vol.113]


  • [公開日]2019.06.05
  • [最終更新日]2019.06.13

こんにちは、オンコロの鳥井です。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、2016年から開催を続けている、小児・AYA世代のがんと臨床試験の啓発/チャリティライブ、
Remember Girl’s Power!!2019の開催を今年も開催します!

https://oncolo.jp/rgp2019/

■2016年開催

オンコロ Presents チャリティライブ「Remember Girls Power!!2016」開催決定

■2017年開催

【9.10】オンコロ Presents チャリティライブ「Remember Girls Power!!2017」開催決定

■2018年開催

【9.1】オンコロ Presents チャリティライブ「Remember Girl’s Power !! 2018」開催決定 !!

まずなぜこうしたライブを開催しているかというと、小児・AYA世代のがんで抱える問題を知ってもらいたい、そして新薬開発に繋げていきたいからです。

海外ではこうしたチャリティライブが盛んです。

例えば、アメリカのStand Up to Cancerでは昨年1億ドル以上のお金を集めて、これまで180以上の臨床試験の支援をしています。

■Stand Up to Cancer、1時間の放映で1億2400万ドルを資金調達

Stand Up to Cancer、1時間の放映で1億2400万ドルを資金調達

これを日本でもやりたいというのがきっかけです。

ただ、お金をいきなりたくさん集めるのは難しいので啓発&チャリティということで2016年からオンコロで毎年開催しています。

小児・AYAという肉体的にも精神的にも未熟な時期にがんに罹患するとで様々な問題に直面します。

例えば高校生でがんになった子は「半年間休学して授業についていけない」「高校で留年することになった」「受験をすることができなかった」等の問題を抱えます。

大学生でがんになった子は「治療で実家に戻ることになり大学に復学できなかった」「就職でがんと伝えるべきか」などの問題に直面します。

そのほか恋愛では「相手にがんと伝えるべきか」「抗がん剤治療で妊よう性(妊娠する力)を失ってしまった」
「(脱毛や手術の傷など)見た目に影響が出て、恋愛に一歩踏み出せない」などの問題に直面したり、本当に様々です。

この様個別性の高い問題を解決するのは難しいです。

ただ、知ってもらうことはその一助となります。

だた、単純に一般の人を対象に「がんセミナーやるんで来てください!」って言ってもほとんど来てくれません。

だからこそエンタメ(音楽)×がん(ヘルスケア)が重要となります。

チケットは販売中なので、よかったらお越しいただけると嬉しいです。

近々がん体験者招待を行う予定です。
(応募人集によっては抽選の場合もございます)

どこもやっていない?女性アーティスト×がん啓発のライブをご覧いただければと思います。

鳥井 大吾

×

この記事に利益相反はありません。