コラム

オンコロ可知です。Japan Cancer Forum(JCF)に参加された方、お疲れ様でした。オンコロブースに来て頂いた方有難うございました。今年は2日間。延べ5700人程度だったみたいですね。スタッフやボランティアの皆さんもお疲れ様でした。

私は初日最終セッション「臨床試験の探し方」に登壇。TRI(臨床研究情報センター)の松本英里子さんとNCI(米国国立癌研究所)のEdward LTrimble先生と講演しました。松本さんが座学的な説明、私がテクニック論、Trimble先生が米国の現状をお話ししました。

面白いことに、松本さんと私は何も打ち合わせしていないのに、日本の登録システムの「いけてなさ」を強調。私は英語ができなくても十分に使いこなせる「ClinicalTrials.gov」というテーマでレクチャーしました。Trimble先生はNCIが運営し始めた「Accura Net」を推薦していましたね。

JSMO引き続き休みなしで来ていますので、最長は21連勤。オンコロスタッフには申し訳ないと思います。私自身、昨日から一睡もせずに仕事をしており、さすがにこたえますが、何かを成すということは尋常じゃないということだと思って、進んでいきます。

ちなみに、先週、大きいと感じたニュースは、オプジーボの非小細胞肺がん初回治療のネガティブ結果と、厚労省が発表した広告規制ですかね。。。両者とも記者の立場から言いたいことはありますが、長くなるためいつか説明できればと思っています。。。。最近こればっか。。。あ、JCFの発表資料は今週中に少し修正してアップしますので、よろしければご覧ください。


人気記事