【6月28日(金)/ 東京・日本橋】腎細胞がんセミナー参加申込受付中!

ニュース

未治療のEGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がん患者に対するタルセバ+サイラムザ併用療法、無増悪生存期間を統計学的有意に延長

2019.06.14

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療の遠隔転移を有するEGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・タルセバ+サイラムザ併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・タルセバ+プラセボ群に対して ...

未治療のEGFR変異陽性進行非小細胞肺がん患者に対するゲフィチニブ+カルボプラチン+ペメトレキセド併用療法、ゲフィチニブ単剤療法よりも無増悪生存期間を2倍統計学的有意に延長する

2019.06.14

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療のEGFR変異陽性進行非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・ゲフィチニブ+カルボプラチン+ペメトレキセド併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・ゲフィチニブ単剤に比べ ...

未治療の進行非扁平上皮型非小細胞肺がん患者に対する維持療法としてのアリムタ+アバスチン併用、無増悪生存期間を延長するものの全生存期間の延長はしない

2019.06.13

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療の進行非扁平上皮型非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・維持療法としてのアリムタ+アバスチン併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・無増悪生存期間は良好な結果を示した ...

「第1回希少がん患者サミット」報告(中) がんゲノム医療が新たな〝がん難民″を増やさないためには

2019.06.12

  • ニュース
  • 特集

 日本希少がん患者会ネットワーク(RCJ)が、4月27日、東京・築地の国立がん研究センターで、「第1回希少がん患者サミット」を開催した。  希少がん患者・家族など約250人が参加したこのサミットで注目 ...

未治療の進行非扁平上皮非小細胞肺がん患者に対する維持療法としてのアバスチン+アリムタ併用、アバスチン単剤に比べて無増悪生存期間を改善するも全生存期間の有意な延長は確認されず

2019.06.12

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療の進行非扁平上皮非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・維持療法としてのアバスチン単剤療法、アバスチン+アリムタ併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・病勢進行または死 ...

METエクソン14スキッピング変異陽性進行非小細胞肺がん患者に対するCapmatinib単剤療法、客観的奏効率40.6%~67.9%を示す

2019.06.11

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・METエクソン14スキッピング変異陽性進行非小細胞肺がん患者が対象の第2相試験 ・MET阻害薬Capmatinib(INC280)単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏 ...

ハイリスク慢性リンパ性白血病患者に対するファーストライン治療としてのイムブルビカ+ベネトクラクス併用療法、良好な抗腫瘍効果を示す

2019.06.10

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ハイリスク慢性リンパ性白血病患者が対象の第2相試験 ・ファーストライン治療としてのイムブルビカベネトクラクス併用療法の有効性・安全性を検証 ・完全寛解率はイムブルビカ+ベネ ...

ホルモン受容体陽性HER2陰性閉経前進行性乳がん患者に対するファーストライン治療としてのリボシクリブ+ホルモン療法、全生存期間を改善する

2019.06.07

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・59歳以下のホルモン受容体陽性HER2陰性閉経前進行性乳がん患者が対象の第3相試験 ・ファーストライン治療としてのホルモン療法+リボシクリブの有効性・安全性をホルモン療法+ ...

完全切除されたステージII~IIIA非扁平上皮非小細胞肺がん患者に対するペメトレキセド+シスプラチン併用、ビノレルビン+シスプラチン併用に対して無再発生存期間の優越性示せず

2019.06.07

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・、完全切除されたステージII~IIIAの非扁平上皮非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・ビノレルビン+シスプラチン併用療法とペメトレキセド+シスプラチン併用療法の有効性・ ...

早期トリプルネガティブ乳がん患者に対する術前化学療法としてのIpatasertib+パクリタキセル併用療法、病理学的完全奏効率を統計学有意に改善せず

2019.06.07

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・早期トリプルネガティブ乳がん患者が対象の第2相試験 ・Ipatasertib+パクリタキセル併用療法の有効性・安全性を検証 ・病理学的完全奏効率はIpatasertib群で ...

切除可能な非小細胞肺がん患者に対する術前化学療法としてのテセントリク単剤療法、病理学的奏効率19%を示す

2019.06.06

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ステージIB~IIIB非小細胞肺がん患者が対象の第2相試験 ・術前化学療法としてのテセントリク単剤療法の有効性・安全性を検証 ・病理学的奏効率は19%を示し、5%が病理学的 ...

切除可能な非小細胞肺がん患者に対する術前化学療法としてのオプジーボ単剤、オプジーボ+ヤーボイ併用、術前の残存腫瘍10%以下の割合をそれぞれ17%と33%に

2019.06.06

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ステージI~IIIA期の切除可能な非小細胞肺がん患者が対象の第2相試験 ・術前化学療法としてのオプジーボ単剤、オプジーボ+下ヤーボイ併用療法の有効性・安全性を検証 ・術前の ...

造血幹細胞移植非適応の未治療多発性骨髄腫患者に対するダラザレックス+レブラミド+デキサメタゾン併用療法、無増悪生存期間を統計学有意に改善する

2019.06.06

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・造血幹細胞移植非適応の未治療多発性骨髄腫患者が対象の第3相試験 ・ダラザレックス+レブラミド+デキサメタゾン併用療法の有効性・安全性をコントロール群と比較検証 ・ダラザレッ ...

PD-L1陽性HER2陰性進行性胃がんまたは胃食道接合部がん患者に対するファーストライン治療としてのキイトルーダ単剤療法、化学療法に対して有効性示せず

2019.06.05

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・PD-L1陽性HER2陰性進行性胃がんまたは胃食道接合部がん患者が対象の第3相試験 ・ファーストライン治療としてのキイトルーダ単剤療法の有効性・安全性を比較検証 ・死亡リス ...

「第1回希少がん患者サミット」報告(上) まれながんでも適切な診断と治療にたどりつくためには

2019.06.05

  • ニュース
  • 特集

 日本希少がん患者会ネットワーク(RCJ)が、4月27日、東京・築地の国立がん研究センターで、「第1回希少がん患者サミット」を初開催した。  希少がんとは、罹患する患者数が年間10万人に6人未満のまれ ...

治療歴のある再発難治性低悪性度神経膠腫小児患者に対するセルメチニブ単剤療法、客観的奏効率は36〜40%を示す

2019.06.05

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のある再発難治性低悪性度神経膠腫小児患者が対象の第2相試験 ・セルメチニブ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・BRAF遺伝子変異、神経線維腫症I型を有する患者で良好な抗 ...

肝転移のある化学療法未治療の転移性非扁平上皮非小細胞肺がん患者に対するテセントリク+アバスチン+化学療法、全生存期間を改善

2019.06.04

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・肝転移のある化学療法未治療の転移性非扁平上皮非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・テセントリク+アバスチン+化学療法の有効性・安全性を比較検証 ・テセントリク+アバスチン ...

アジアで増加する乳がん、民族多様性や特徴を理解し予防・治療の最適化へ

2019.06.04

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・乳がんの民族多様性についての研究 ・加齢による増加ではなく、乳がんの発生数自体が増加している ・リスクとして内因性のホルモン因子と環境問題の両方が考えられる 昨今、アジアで ...

進行性非小細胞肺がん患者に対するキイトルーダ単剤療法、PD-L1発現率50%以上の患者群で5年全生存率29.6%を示す

2019.06.04

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療または既治療の進行性非小細胞肺がん患者が対象の第1相試験 ・キイトルーダ単剤療法を投与し、客観的奏効率、全生存期間などを検証 ・キイトルーダ単剤療法は未治療、既治療に ...

ホルモン感受性転移性前立腺がん患者に対するイクスタンジ+アンドロゲン除去療法、全生存期間を改善する

2019.06.04

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ホルモン感受性転移性前立腺がん患者が対象の第3相試験 ・イクスタンジ+アンドロゲン除去療法の有効性・安全性を標準抗アンドロゲン剤と比較検証 ・イクスタンジ群で3年死亡のリス ...