がん患者さん、患者さんご家族対象 保険に関するグループインタビュー調査にご協力ください

ニュース

ポラツズマブ ベドチン びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の希少疾病用医薬品に厚生労働省が指定

2019.11.20

  • ニュース

この記事の2つのポイント ・びまん性大細胞型B細胞リンパ腫は非ホジキンリンパ腫の約1/3を占める中悪性度のリンパ腫 ・海外で実施した第Ib/II相臨床試験等の成績に基づき希少疾病用医薬品に指定 201 ...

非移植適応再発難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者に対するポラツズマブ ベドチン+トレアキシン+リツキサン、完全奏効率を有意に改善

2019.11.20

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・非移植適応再発難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者が対象の第2相試験 ・ポラツズマブ ベドチン+トレアキシン+リツキサン併用療法(pola-BR群)の有効性・安全性を比 ...

中等度/ハイリスクくすぶり型多発性骨髄腫患者に対するレブラミド、早期治療介入により無増悪生存期間を有意に改善

2019.11.20

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・中等度/ハイリスクくすぶり型多発性骨髄腫患者が対象の第3相試験 ・免疫調整薬レブラミドによる早期治療介入の有効性・安全性を比較検証 ・無増悪生存期間は経過観察群に比べてレブ ...

未治療の進行性非小細胞肺がん患者に対するファーストライン治療としてのイミフィンジ+化学療法±トレメリムマブ、無増悪生存期間を有意に改善

2019.11.19

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療の進行性非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・ファーストライン治療としてのイミフィンジ+トレメリムマブ+化学療法の有効性・安全性を比較検証 ・無増悪生存期間は化学療 ...

治療歴のある閉経前のホルモン受容体陽性HER2陰性転移性乳がん患者に対するイブランス+ホルモン療法、無増悪生存期間を有意に改善

2019.11.19

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のある閉経前のホルモン受容体陽性HER2陰性転移性乳がん患者が対象の第2相試験 ・CDK4/6阻害薬イブランス+ホルモン療法の有効性・安全性を比較検証 ・イブランス+ ...

FLT3変異陽性の再発難治性急性骨髄性白血病患者に対するギルテリチニブ、全生存期間、完全奏効率を有意に改善

2019.11.18

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・再発又は難治性のFLT3変異陽性の急性骨髄性白血病患者が対象の第3相試験 ・FLT阻害薬ギルテリチニブ単剤療法の有効性・安全性を比較検証 ・ギルテリチニブ群で死亡のリスクを ...

ROS1陽性の進行性非小細胞肺がん患者に対するローブレナ、頭蓋内病変奏効率64%を示す

2019.11.15

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ROS1陽性の進行性非小細胞肺がん患者が対象の第1/2相試験 ・ローブレナ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・頭蓋内病変の奏効率は前治療歴としてチロシンキナーゼ阻害剤のない患 ...

進行性非淡明細胞型腎細胞がん患者に対するテセントリク+アバスチン、客観的奏効率33%を示す

2019.11.15

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性非淡明細胞型腎細胞がん患者が対象の第2相試験 ・テセントリク+アバスチン併用療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は33%、PD-L1陽性患者群では60%を示した ...

未治療の進行性悪性黒色腫患者に対するオプジーボ+ヤーボイ併用またはオプジーボ単剤、ヤーボイ単剤に比べて5年全生存率、5年無増悪生存率改善

2019.11.14

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療の進行性悪性黒色腫(メラノーマ)患者が対象の第3相試験 ・オプジーボ+ヤーボイ併用、オプジーボ単剤の有効性・安全性をヤーボイ単剤と比較検証 ・5年全生存率はオプジーボ ...

進行性非小細胞肺がん患者に対するファーストライン治療としてのオプジーボ+低用量ヤーボイ+化学療法、全生存期間を改善

2019.11.14

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・ファーストライン治療としてのオプジーボ+低用量ヤーボイ+化学療法の有効性・安全性を比較検証 ・中間解析の結果、全生存期間は化学 ...

治療歴のあるBRAF V600遺伝子変異を有する転移性大腸がん患者に対するアービタックス+エンコラフェニブ+ビニメチニブ、全生存期間、客観的奏効率を有意に改善

2019.11.13

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のあるBRAF V600遺伝子変異を有する転移性大腸がん患者が対象の第3相試験 ・アービタックス+エンコラフェニブ+ビニメチニブ併用療法の有効性を比較検証 ・標準療法 ...

未治療の切除不能肝細胞がんにおけるテセントリク+アバスチン、ネクサバールに比べて全生存期間、無増悪生存期間を有意に改善

2019.11.13

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療の切除不能肝細胞がん患者が対象の第3相試験 ・テセントリク+アバスチン併用療法の有効性・安全性をネクサバール単剤と比較検証 ・全生存期間、無増悪生存期間はテセントリク ...

オプジーボ・ヤーボイ併用療法、高頻度マイクロサテライト不安定性を有する結腸・直腸がんの効能・効果の追加に係る承認申請

2019.11.12

  • ニュース

2019年11月12日、小野薬品工業株式会社(以下、小野薬品)とブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社は、ヒト型抗ヒトPD-1(programmed cell death-1)モノクローナル抗体ニボ ...

ハーセプチン、パージェタ、カドサイラ治療歴のあるHER2陽性局所進行性/転移性乳がん患者に対するtucatinib+ハーセプチン+カペシタビン、無増悪生存期間、全生存期間を有意に改善

2019.11.12

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ハーセプチン、パージェタ、カドサイラ治療歴のあるHER2陽性局所進行性/転移性乳がん患者が対象の第2相試験 ・tucatinib+ハーセプチン+ゼローダ併用療法の有効性・安 ...

ザーコリ抵抗性のあるALK陽性非小細胞肺がん患者に対するEnsartinib、客観的奏効率52%を示す

2019.11.12

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ザーコリ抵抗性のあるALK陽性非小細胞肺がん患者が対象の第2相試験 ・次世代ALK阻害薬Ensartinib単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は52%を示し、評 ...

未治療のRAS野生型転移性大腸がん患者に対するベクティビックス+FOLFOXIRI、客観的奏効率を有意に改善

2019.11.11

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療のRAS野生型転移性大腸がん患者が対象の第2相試験 ・ベクティビックス+FOLFOXIRIの有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率はベクティビックス+FOLFOXIRI ...

前治療歴のある再発難治性卵巣がん患者に対するオプジーボ+アバスチン、客観的奏効率28.9%を示す

2019.11.11

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・前治療歴のある再発難治性卵巣がん患者が対象の第2相試験 ・オプジーボ+アバスチン併用療法の有効性・安全性を検証 ・特にプラチナ系抗がん剤感受性のある患者で良好な結果を示した ...

再発転移性扁平上皮頭頸部がん患者に対する化学療法+アバスチン、無増悪生存期間や客観的奏効率を改善

2019.11.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のある切除不能進行/再発食道がん患者が対象の第3相試験 ・オプジーボ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・化学療法に比べて全生存期間を統計学的有意に改善し、忍容性も良好 ...

血中循環腫瘍DNAはステージIII大腸がんの再発リスクを検出するバイオマーカーとして有効

2019.11.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ステージIIIの大腸がん患者が対象の第3相試験 ・再発リスクを検証するバイオマーカーとして血中循環腫瘍DNAの有用性を検証 ・血中循環腫瘍DNAが検出された患者群は再発リス ...

治療歴のある切除不能進行/再発食道がん患者に対するオプジーボ、化学療法に比べて全生存期間を有意に改善

2019.11.07

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のある切除不能進行/再発食道がん患者が対象の第3相試験 ・オプジーボ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・化学療法に比べて全生存期間を統計学的有意に改善し、忍容性も良好 ...